img_skill001

「注文住宅を建てたい」という時、たいていの人は鉄筋や石造りではなく、木造の一戸建を思い描くのではないでしょうか。木の文化に育てられた私たち日本人は、木造軸組工法という、素晴らしい家づくりの伝統を踏襲してきました。心にもからだにもなじんだこの方法で、私たち川口工務店も家づくりに取り組んでいます。
しかし、ここで非常に重要なことがあります。それは「断熱の方法をどうするのか」ということです。木造軸組工法の家は、それだけでは冬の寒さや夏の暑さ、湿気、埃、騒音などを防ぐことはできません。省エネルギーで夏も冬も快適に過ごせ、結露やカビに悩まされることもなく、地震や台風にも強い住宅。そんな住宅をつくるには、どうしても「断熱」という方法が必要になってきます。
私たちがおすすめしているのは、「高気密・高断熱の家」。冬あたたかく、夏さわやかで、健康的で暮らしやすい家です。
それは「住み心地を良くする空間づくり」という、私たちが自らに問い続けてきた疑問への答えでもあります。

断熱材について考える。

快適さは空気のコントロールから

屋根裏・壁内・床下などに断熱層が無く、また気密性が低い家の場合は、夏場、室内に熱が伝わりやすく、冬場は逆に熱が逃げやすくなります。冷暖房はこの「熱損失」に大きく左右されていると考えます。

健康的で暮らしやすい住み心地のいい家は、熱の移動(貫流)が少ない

温かい物も冷たい物も、常に周囲の温度と一定になろうとするため、温度差のある物体間では「熱の移動」が起こります。それは室内の空気でも同じことです。内外の温度差によって生じる「漏気」による熱移動(貫流)が激しいと、室内で快適な温度は保てません。快適な住空間をつくるポイントは、確かな断熱によって「熱の移動」を抑えることにあります。

繊維系断熱材の代表であるグラスウールは、コストが安く、柔らかくて取り扱いやすいことから、多くの住宅で使われています。ただしその特性から、あまりに密度が高すぎても中に含まれる空気量が減って断熱性能が落ちてしまいます。
例えば壁厚が100mmのところでも、グラスウールなら柔らかいので200mm分をぎゅうぎゅうに押し込むこともできますが、それではグラスウールに含まれる空気の量が少なくなって、かえって断熱性能が低下してしまうのです。 こうしたことを理解せず、いい加減な施工をしてしまうケースが多いのも事実でしょう。施工者の技術によって性能に差が出るのが、グラスウールなのです。

そこで川口工務店では、吹付け後100倍に発泡する断熱材(吹付断熱)を使用しています。

◀写真1は、左からセルロース、吹付断熱、ファイバーグラスの順に並んだ断熱材(熱抵抗値はすべて2:3)がどの程度空気を通すのか、下側から送風機で風を送る実験です。吹き付け断熱材の気密性の高さが歴然ですね。

写真1

断熱と同時に気密が大切

建物にほんの少しの隙間があれば「漏気」が生じ、冬の寒さ・夏の暑さに悩まされることになります。断熱材を入れたとしても、気密性が保持されるかどうかはまた別の問題で、断熱材によってはもともと空隙(くうげき)があったり、衝撃で隙間ができたものがあり、内部結露を起こす場合があります。
この内部結露はカビの発生原因になるなど、建物に悪影響を及ぼします。「断熱性」を選ぶ時は、「気密性」についても考慮することが大切です。一つの材料で気密と断熱が同時に確保できる吹付断熱は、断熱材の理想に適(かな)うものといえ、「住み心地を良くする空間づくり」にふさわしい断熱材といえます。

吹付断熱なら、吹付け後100倍に発泡したミクロのフォーム(泡)が、構造上生じるわずかな隙間も埋め、高い気密性と断熱性を実現します。

吹付断熱についてもっと詳しくは

高気密・高断熱にこだわった、毎日のびのびとくつろげる「住み心地」が良い家。そこにお客様が笑顔で住んでいただける様、川口工務店がもっている技術を駆使し、しっかりとお手伝いさせていただきます。
お客様も私たちもときめく、欲張りな家づくり。
それが川口工務店の「こだわり」です。

PAGE TOP